奈良県斑鳩町の総合型地域スポーツクラブ

TEL.0745-51-7181

〒636-0153 奈良県生駒郡斑鳩町龍田南1-1-61

文化教室一覧

はじめてのオカリナ

【対象】成人・高齢者

【開催日】火曜日(年間11回開催)
【時刻】13:30~15:00
【会場】斑鳩町中央公民館 視聴覚室
【受講料】2,750円

【指導】中村雅子先生
(オカリナを飯田美和氏、森下知子氏に師事 第7 回日本オカリナコンクール一般の部3位
受賞/NPO 法人リトミック研究センター指導者会員/カワイ音研会会員 ピアノ講師)

スマホ講座

【対象】成人・高齢者

【開催日】月曜日(年間18回開催)
【時刻】13:30~15:00
【会場】斑鳩町西公民館
【受講路】4,500円/3ヶ月

【指導】藤原 純子 先生(パソコン教室・印刷ラボ ゆずピ!代表 日商日本語処理文書
処理技能検定1級 初級システムアドミニストレーター他)

プリブザーブドフラワー

【対象】成人・高齢者

【開催日】火曜日(年間4回開催)
【時刻】13:00~16:00
【会場】五丁地区地域交流会館
【受講料】1,050/1回 ※別途材料費が必要です。

【指導】中村 康子  先生(ETO連盟所属 奈良フラワーアレンジメント認定講師)

健康麻雀

【対象】成人・高齢者

【開催日】木曜日(年間24回開催)
【時刻】13:00~16:30
【会場】五丁地区地域交流会館
【受講料】5,100円/3ヶ月

【指導】
藤宗 勉(元気クラブいかるが)
巳波 惟義(元気クラブいかるが)

実用書道とペン習字

【対象】成人・高齢者

【開催日】火曜日(年間12回開催)
【時刻】10:00~12:00
【会場】斑鳩町中央公民館 研修室
【受講料】1,950円/3ヶ月

【指導】原田 勝(翠龍)先生(元阪神書道会師範・西公民館「絵と書の会」主宰・大阪市中央区東老人福祉センター「遊書会」主宰)

気楽に万葉集

【対象】成人・高齢者

【開催日】金曜日(年間12回開催)
【時刻】10:00~11:30
【会場】斑鳩町中央公民館 研修室
【受講料】1,950円/3ヶ月

【指導】丹羽 孝 先生(日本漢字能力検定協会登録漢字教育サポーター
・立命館大学認定漢字教育士)

日 時:4月9日、5月14日、6月11日、7月9日、8月13日、9月10日、10月8日
、11月12日、12月10日、1月14日、2月11日、3月11日
(毎月第2金曜日) 各回10時00分~11時30分
場 所:斑鳩町中央公民館 研修室
奈良県生駒郡斑鳩町龍田南2-2-43
(JR大和路線 王寺駅(北口)よりバス15分、竜田神社 下車)
方針:老若男女・貴賤を問わず日本人の心を歌った万葉集を様々な角度から取り上げ、気楽に楽
しんでもらう。
(各回のテーマ、内容は次の通り)
1.万葉集とは・・・その特徴や時代背景、天皇家の系図について解説する。
2.万葉の恋歌・・・万葉集の「相聞」。特に中臣宅守・佐野茅上娘子の歌、全63首を精読し
ます。
3.柿本人麻呂・・・万葉集最大の歌人、柿本人麻呂を取り上げます。
4.万葉旅行・・・日本各地、歌が詠まれた場所へ行ったつもりで歌を見ていきます。
5.万葉・変な歌の巻・・・ユニークな歌が多い巻16の歌を見ていきます。
6.万葉の月・・・中秋の名月や、月関連の万葉歌を取り上げます。
7.万葉の草花・・・万葉の植物の本があるくらい、草花の歌がたくさんあります。
8.大伴旅人・・・令和ゆかりの大伴旅人を取り上げます。
9.大伴家持・・・万葉集の編者、大伴家持の歌と万葉の終焉を語ります。
10.東国の万葉歌・・・赤人の富士山歌など関東地方の歌、東歌や防人の歌を取り上げます。
11.憶良と虫麻呂・・・二人の異色の万葉歌人、山上憶良と高橋虫麻呂を取り上げます。
12.万葉集の表記・・・万葉歌を表記する万葉仮名について考えます。
毎回、各回のテーマに沿った万葉歌ならびに関連資料からなる講師作成のオリジナルテキスト
(各回12ページ程度)を配布。

気軽に楽しむかな文字

【対象】成人・高齢者

【開催日】木曜日(年間24回開催)
【時刻】10:00~12:00
【会場】斑鳩町西公民館 研修室
【受講料】3,900円/3ヶ月

【指導】児島 知子 先生(児島書院主宰・日本書藝院かな師範)

漢字の「いろは」

【対象】成人・高齢者

【開催日】木曜日(年間12回開催)
【時刻】10:00~11:30
【会場】斑鳩町中央公民館 研修室
【受講料】1,950円/3ヶ月

【指導】丹羽 孝 先生(日本漢字能力検定協会登録漢字教育サポーター
・立命館大学認定漢字教育士)

日 時:4月15日、5月20日、6月17日、7月15日、8月19日、9月16日、10月
21日、11月18日、12月16日、1月20日、2月17日、3月17日
(毎月第3木曜日) 各回10時00分~11時30分
場 所:斑鳩町中央公民館 研修室
奈良県生駒郡斑鳩町龍田南2-2-43
(JR大和路線 王寺駅(北口)よりバス15分、竜田神社 下車)
方針:漢字のいろは(入口)から奥山のその先へまで踏み込み、漢字・日本語の魅力を伝える。
(各回のテーマ、内容は次の通り)
1.「小学校」の漢字・・・年間計画。小学校漢字1026字の全体像を語る。
2.漢字の歴史・・・古代文字(甲骨・金文・篆文)や日本語表記法としての漢字の歴史。
3. 日本語の歴史・・・古代から現代に至る日本語の変遷を概観する。
4.常用漢字について・・・日常使う漢字2136字について語る。
5.日常の漢字について・・・同音異義語、書き換え、熟語など、日常の漢字の使い方を考える

6.中国の書の歴史について・・・漢字の書体の変遷、中国の書家の作品・書風などを解説する

7.日本の書の歴史について・・・・・日本の書、かなの発明に伴って独自の進化を遂げた日本
の書。
8.日本の古典について・・・万葉集、古今集、伊勢物語、源氏物語など日本語の古典を語る。
9.現代の詩歌について・・・近代詩、童謡、俳句、短歌など美しい日本語を考える。
10. 言葉遊びについて・・・様々な日本語の「言葉遊び」を紹介し、日本語の特色を考える。
11.漢字の郊外学習(1)・・・教室の外で漢字探しをしてみる。
12. 漢字の郊外学習(2)・・・漢字を探しての校外学習の第2弾。
毎回、講師作成のオリジナルテキスト(各回 12ページ程度)を配布。

 

系図から読み解く源氏物語

【対象】成人・高齢者

【開催日】金曜日(年間12回開催)
【時刻】10:00~11:30
【会場】斑鳩町中央公民館 研修室
【受講料】1,950円/3ヶ月

【指導】丹羽 孝 先生(日本漢字能力検定協会登録漢字教育サポーター・立命館大学認定漢字教育士)

日 時:4月2日、5月7日、6月4日、7月2日、8月6日、9月3日、10月1日、11月
5日、12月3日、1月7日、2月4日、3月4日
(毎月第1金曜日) 各回10時00分~11時30分
場 所:斑鳩町中央公民館 研修室
奈良県生駒郡斑鳩町龍田南2-2-43
(JR大和路線 王寺駅(北口)よりバス15分、竜田神社 下車)
方 針:多様な人間模様を人物相関図(系図)に整理し、登場人物の人間関係を鳥瞰しながら源
氏物語の全体像を明らかにしていく。 (各回のテーマ、内容は次の通り)
1.系図から読み解く源氏物語・・・年間講座計画。講座方針の説明。源氏物語の全体を概観。
2.嘆きの「中の君」・・・宇治の「八の宮」の姫君たち「大君」、「中の君」をめぐるお話。
3.二度死んだ姫君・・・「浮舟」と二人の貴公子たちの騒動。
4.姫を支えた女性たち-侍女の系譜-・・・物語の姫君を支える侍女、乳母の実像に迫ります

5.黄昏の「光源氏」・・・人臣の最高の地位にまで登りつめた源氏だが、
6.源氏が愛した女性、「紫の上」・・・はたして彼女は幸せだったのか。愛が全てなのか。
7.この父にしてこの子あり・・・親の悪いところをそのまま受け継いだ出来の悪い息子「夕霧
」。
8.「デジャヴ」の源氏物語・・・歴史は繰り返す。「柏木」の裏切りも、「夕霧」の不倫も、
9.源氏が負けた男、「朱雀帝」・・・イケメン「光源氏」が負けたとは、その顛末は。
10.源氏を袖にした女性たち・・・源氏に靡かなかった「玉鬘」と「朝顔」の生き方を考える。
11.物の怪・・・人々が恐れた物の怪とは。その正体に迫ります。
12.帖名折句による源氏物語・・・帖1~帖54まで、帖名を冠した111の折句で物語を要約

講師作成のオリジナルの源氏物語主要登場人物(149名)の相関図と、各回のテーマに沿った
オリジナルテキスト(各回12ページ程度)を配布。